日本だと炎上確実!?海外トイレ標識事情

こんにちは、ベホ蔵です。
今回はコックリングについて書こうと思いましたが、執筆中にさて保存って時に
何故かPCがシャットダウン!
コックリングについてはまた次回。。
今日はSNSで見つけたトイレ標識事情を記載します。

日本なら最早セクハラ!?海外トイレ標識がぶっ飛んでる件

日本でのトイレの標識、想像すると皆さんはパッと出てきますよね。
男女が並んで(場所によっては各男女トイレの入口に貼ってるアレ)立ってる標識を安易に想像出来るかと思いますが、日本以上に精査平等、ジェンダーについて日本以上に議論も進んでいる欧州では気を使った標識なんじゃなかろうかと。
しかし!思い込みというものは面白いもので今回SNSで投稿された2つのトイレ標識が中々『ホンマでっか!?』な標識だったのでご紹介です。

日本のトイレ標識は何故男性は青女性は赤なのか。

日本だと炎上確実海外トイレ標識事情
なぜ男は青色で、女は赤色なのか?
ふと疑問に思っても何となくな所はあるかと思います。

理由は意外と曖昧なものでした。

男性が青で女性が赤なのは、男性が寒色系の青を好み、女性は暖色系の赤を好むからといわれています。

引用元:トイレ表示、男が青で女性が赤なのはなぜ?|マイナビ進学U17

男は青色を好み、女は赤を好むからというふわっとした理由から始まったみたいですね。
ちなみに、このように色で区別するようになったのはと1964年に行われた東京オリンピックからだそうです。

日本において、男女が青と赤に色分けされたトイレマークの起源は、1964年の東京五輪だったそうです。 各国から観戦客が訪れるため、言葉に頼らないマークを作ったのが始まりなんだとか。 当時は男女それぞれの形に黒いマークの案も挙がったそうですが、 「男性がスカートをはく国もある」「ズボンをはく女性も」という声もあり、色をつけることになったとか。 このとき、男=青、女=赤という色については「すんなり決まった」らしいです。

引用元:「トイレマークのつぶやき」について

ヨーロッパのトイレ標識事情

それではSNSで投稿されたヨーロッパのトイレ標識を見てみましょう。

アウト!
完膚なきまでに日本ではアウトですww

前衛的と云いますか、プログレッシブといいますか。
最早アートと呼べなくも無いですねw
他にも海外の変わったトイレ標識がございましたらお知らせください。
そして是非当ブログで紹介させてください。

それではまた。

twitter : 参照元

うすい (@usui_y)さん
西練馬 (@nishinerima)さん

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。