オペ無しで仮性包茎は治せる!?

こんばんは、ベホ蔵です。
先日のブログ、PVがいい感じでした。
ありがとうございます。
今日は三人に一人が悩んでいるといわれている、
『仮性包茎』について記載しようと思います。

先ずは仮性包茎を知ろう

日本で一番多いのが、この仮性包茎です。
日本人の成人男性のうち、70%が仮性包茎だと言われていおり、程度にもよりますが、特に手術の必要はないと言われています。

仮性包茎の特徴

  1. 勃起すれば、自然と亀頭が顔を出す
  2. 勃起しない時は、亀頭が包皮に覆われている
  3. 勃起しない時、手で剥けば亀頭が出る

仮性包茎は、勃起した状態になると包皮から亀頭が露茎している状態です。しかし、勃起をしていない時は、亀頭、又はその一部が包皮に覆われる状態を指します。

勃起しない通常時に、手で包皮を剥いて亀頭が露茎する状態も仮性包茎に分類されます。仮性包茎の中でも症状の重いもの、軽いもの様々です。

上記の特徴に当てはまる人は、日常生活に支障をきたすことはあまりないので、手術が必要なわけではありません。

仮性包茎になる具体的な原因

仮性包茎になる具体的な原因

  • ペニスが小さい
  • 包皮が長く、余ってしまっている

包皮が長いまたはそもそもペニスが小さいと、皮が余ってしまい、結果として仮性包茎になってしまいます。

本来ならば、成長過程でペニスが大きくなり、仮性包茎→ズルムケへと変化していきますが、オナニーのしすぎや、包皮を向かずに放置していたりすると、成長ホルモンがペニスに行き届かない&包皮が亀頭の成長を止めるなどの影響でペニスが小さいままに。

仮性包茎の危険度<健康面>
普段は包皮に覆われているので、バイ菌などが包皮の内側で溜まりやすくなります。

包皮の中に陰毛が入り、絡まる事も多いので、炎症を起こしたりするリスクが高まります。ペニスはちゃんと剥いてから洗うなど、清潔なペニスケアを心がけましょう!

仮性包茎の危険度<セックス面>
通常は包皮で覆われている分、露茎した時の、免疫力が弱く、セックスの時に痛みを感じてしまうような話はよく聞きます。

そして、私自身もその痛みを感じる時がよくあります。私の場合は、女性器の中で締め付けられる時、亀頭の裏側の包皮との繋がり部分が痛くなります。

これは女性器の中がよく濡れることで多少滑りがよくなり、解消されます。まずは、女性をオーガズムに持っていけるように、テクニックを磨きましょう!

オペなしで仮性包茎を治す!?

オペ無しで仮性包茎は治せる!?
仮性包茎を治す場合、できるだけ手術はしたくないですよね。
コストがかかるだけでなく、危険もあります。
とはいっても注射一本で終わるような手術もあるので、それほど心配する必要はないという意見もあります。
仮性包茎の治療はほとんどの場合に健康保険がききません。
やはり費用が一番心配なところでしょう。
仮性包茎ならそのまま放置していても特に問題はないのですが、やはり男としての自信につながります。
銭湯へ行くとき、温泉旅行へ行くときなど「包茎がばれたら」と心配になる気持ちはだれにでもあります。
包茎ではない人はそんなことなにも気にしないのに、そんなことで精神的ダメージを負っていたら損をしますよ。
手術なしでも仮性包茎は治ることがあります。
普段から亀頭の部分をこすって刺激に慣れさせておくことが治療につながります。
皮がむけていないと意味がないので、トイレに行ったときに皮を被っていたらむくようにしましょう。とにかく普段から亀頭の部分を出して鍛えることで、包茎が改善にむかいます。

仮性包茎を治す方法!?

世の中の男性には、仮性包茎で悩んでいる人が数多く存在します。
仮性包茎は、そのまま放置していますと菌が繁殖する要因ともなりますので、出来れば治すことが理想的です。
仮性包茎はどのようにして治すのか、不安に感じてなかなか治療に行けない男性が多いことも事実です。
メスで切除されて痛い思いをするのではないか、という不安を抱きがちな治療ですが、現在の医療は発達しており、メスで切除せずとも治すことが可能となっているのです。
まずはカウンセリングから始まります。
そして、どのような状態の包茎であるかをチェックし、適切な治療方法を見出していきます。
現在の基本的な治療方法としましては、レーザーによる治療です。
レーザーで余分な皮の部分を切除し、先端の皮と縫合して治していきます。
治療にかかる日数は日帰りが可能です。
レーザーを照射していく治療となりますので、それほど痛みを感じることもありませんし、安心して仮性包茎の治療をすることができます。
仮性包茎で悩んでいる男性は、菌が繁殖して手遅れとなる前に、包茎治療をして清潔な状態としておくことが大切です。
日常生活におきましても、性行為をする際にも、常に清潔を保つことは大切なのです。

自分で出来るセルフケア

仮性包茎は自分で包皮が剥けるので、自慰や性行為は案外普通に出来ると言われています。
ただ見た目が悪いのが欠点です。
加えて恥垢が溜まりやすく、独特の匂いが発生するのも欠点であり、女性からすると不衛生な状態に見えます。
仮性包茎の男性とはセックスしたくない、そう感じる方々も多いかもしれません。
その治す方法ですが、時間をかけて丁寧に包皮を剥く練習をするのがオススメです。
軽い仮性包茎であれば、自力で包皮が簡単に剥けます。
陰茎はデリケートな場所であり、清潔感がある場所で包皮を剥く練習をしたいところ、具体的にはお風呂場がオススメ、身体を夜洗う時にルーチンワークとしてトレーニングをしてみましょう。
石鹸を陰茎につけると痛みが走ったり、体調不良の原因になりますので、潤滑性を持たせたいと思っても、ボディーソープを直につけるのはやめたいところです。
あくまで素手とお湯でじっくりと時間をかけて包皮を剥いていき、多少の痛みや不快感に耐えて、亀頭が露出した状態を少しでも長くキープする訓練をしましょう。
地道な訓練ですが、いわゆる剥く癖を何度も何度も繰り返しつける事で、最終的には手を加えなくても普段から亀頭が出る状態になり仮性包茎のコンプレックスが改善するといわれています。

如何でしたか?

こちらも日がな一日で出来るものではありません。
ですが毎日のトレーニングによって徐々に仮性包茎が良くなるケースも出ております。
どうしてもという場合はクリニックでオペもありだと思います。
それではまた!

参考サイト
VERANA
自信が付く!仮性包茎の治し方

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。