いざ!アナニー!

むっちゃくちゃ寒いっすね。。
天気も良くない!そんなときこそアナニー
というわけで今日は昨日の続き、アナニーの準備とやり方を数回に渡ってお送りします。

先ずは下ごしらえ!直腸キレイにしよう!

イチジク浣腸

アナニーの一番の壁は「お尻の中が汚いのではないか」という考えです。
その通り、何もしなければ便は多かれ少なかれ付着していますし、事前にしっかりと排便をしていなければアナニー中に便が下りてきてしまう事もあります。
しかしアナル洗浄の手順をマスターすることでアナル内は綺麗になり、便が下りてくるといった事もまずありません。

いざ浣腸!しかし!?

まず知って頂きたいことは肛門に指を突っ込んだからと言ってすぐに便があるわけではありません。
便は普段、結腸と呼ばれるところにあり排便時には直腸に降りてきます。
なので結腸にある便を浣腸で下してくる必要があります。

一番メジャーなのが薬局などで販売されているイチジク浣腸
薬液で腸内の滑りを良くし、また刺激によって排便を促す方法です。
でも男性はお腹が弱い人が多いので、イチジク浣腸を使うとお腹が痛くてたまらない人もいます。

そういう方にはシリンジ(針の無い注射器)を使ってお湯だけの浣腸、または塩水を使った浣腸で排便します。
これであれば刺激が少なく、お腹が痛くなることはありません。
でも排便力は弱めなのでご自身の体調を考慮して色々試してみてください。

シリンジ


意外と使える!?ウォッシュレット

ウォッシュレット

便利なのがウォシュレットです。
水圧を強めにすることで肛門内にお湯を注入することができます。
いきむようにすることでお湯を取り込むことができますが、少し慣れが必要です。
しかしイチジク浣腸やシリンジなどの道具が不要なので大変手軽にできます。
僕もウォシュレットを使った浣腸しか行っていません。

サイトや本によってはシャワーのヘッドを外してアナル内にお湯を入れる方法を載せているものもありますが、お風呂でもし大量の排便をしたとなると…
僕はシャワー浣腸はオススメしておりません。

お腹に便が残っていないなという場合でも、シリンジやウォシュレットでお湯を直腸に入れて洗っておきましょう。
直腸には便のカスのようなものが残っており、お湯でゆすぐことできれいになります。
カスが残っていると指やアナニーグッズに付着する可能性があります。

アナニーをする場所を用意する

アナルオナニーはプライバシーを守ることができる場所、そして自分が興奮できる場所を用意する必要があります。
ペニスのオナニーであればさっとペニスを隠すだけで済みますが、アナニーは道具を使っていたり手がローションで濡れていたりととっさに隠すことが難しいケースが多いのです。

また、アナニーで気持ち良くなるのはメンタル的要素がとても重要です。
アナルの快感に浸ることができる個室であったり、はたまたラブホテルのようなそこに居るだけで興奮が高まる場所に居ることが大事なのです。

理想は一人暮らしで寝室を綺麗に整える事でしょう。
お金もかからないですし毎日でも楽しめます。

ラブホテル非日常感を楽しむのも楽しい

ラブホテルで非日常感を楽しむのも楽しい

とっておきの日はラブホテルだったりシティホテルで、沢山のアナニーグッズや女装道具を持ち込んで非日常感を楽しんでみてください。
いつもより興奮してアナニーが気持ち良くなること間違いなしです。

一方、実家暮らしとかアナニーに理解の無い方と一緒に住んでいる場合はなかなか集中できず気持ち良くなることができません。
既婚者の方や、一人暮らしが出来ないという方はハードルが高いかもしれませんが、一人で入れるラブホテルを探したりビデオボックスなどを見つけるなりして一人で楽しめる環境を探してアナニーを楽しんでください。

如何でしたか?

アナニーは料理と同じ、下ごしらえ(準備)が非常にキーとなります。
そして場所、せっかく準備していざッって時に、場所がアレだと雰囲気も萎え萎え。
あ、決して迷惑防止条例違反等に引っかからない場所でしましょう。

次回はいよいよ実践編です。
それではまた!


参考サイト:アネドラ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。