トコロテン

やあみんな!ベホ蔵ダヨ!
急にキャラ変えたらしんどいな。やめとこ。
今日からアナニーについて書いてくヨ!
初心者も玄人も未経験も是非見てくだされ☆

アナルだけで射精する『トコロテン』

アナルの刺激だけで射精してしまう「トコロテン」というものがあります。
アナル内には「精嚢」という部位があり、精嚢分泌液というものが溜めこまれています。
ここを刺激し続けて絶頂すると、ペニスに触らなくても射精するのです。
アナニーをはじめる人はドライオーガズムを目指す人が多いのですが、このトコロテンもペニスをしごくオナニーよりも強烈な快感があります。

アナルで何故気持ちよくなれるのか

アナルには前立腺をはじめとする性感帯が沢山ある

お尻というのはとても敏感な部位です。
例えば冗談でお尻を触られたときなんてビクッ!としませんか?
子供のころイタズラでカンチョーされた人は多いかと思いますが、他の場所を刺激されるよりも激しく反応してしまいますよね。
実はお尻には神経が集中しているので刺激にとても敏感なのです。

風俗店では肛門周りを舐めるプレーもありますし、指で前立腺をいじるプレーも普通にあります。
鋭敏な部位だからこそ性的な興奮と相まって大変気持ち良くなれるのです。

ただし誰もがいきなり気持ち良くなれるわけではありません。
時間をかけて刺激することでゆっくりと性感帯に変わっていくのです。

くすぐったい場所は性感帯になるって話を聞いたことがあるかと思います。
くすぐったい場所=敏感な場所。
だからアナルを開発すれば気持ち良くなれるのです。

立腺について

アナルの性感帯で最も有名な場所は『前立腺』です。
膀胱の下側ぐらいにあって自分の指でも触れる位置にあります。

実はこの前立腺。
主に尿の排泄であったり精液を作る役割を持っていますが、まだまだ解明されていない部分も多い未知の部位だったりします。

アナニーアイテムとして有名なエネマグラは医療用として開発された前立腺マッサージャーなのですが、使っているうちに気持ち良くなるという噂が広まって今ではアネロスに名前を変え、沢山の機種が出るようになりました。

アナニーではこの前立腺刺激が一つのキーポイントになります。

直腸の気持ち良さ

アナル内の感度が上がってくると膣のように敏感になります。
ペニスの出し入れが気持ちいいようにアナル内も指、ディルド、アネロスなどが動くこと自体が気持ち良くなります。

これは直腸自体が鋭敏になっているからです。
ペニスの表面もさするだけで気持ち良くなるように、直腸の表面も擦れることですごく気持ち良くなれるのです。

身近な例で言うと排便です。
『排泄感』という言葉を聞いたことがあると思います。
人間は便を出すこと自体に気持ち良さを感じています。
便を出す気持ち良さ=性感と思っていない人も居るかもしれませんが、アナニーとは永続的に排泄感を楽しめる行為でもあります。
繰り返し排泄感を味わうこともアナニーの楽しみの一つなのです。

精嚢、膀胱などアナル内には他にも性感帯が沢山ある

トコロテンの話の時にも紹介しましたが「精嚢」という精嚢分泌液というものを溜めこんでいる部位があります。
精嚢を刺激すると前立腺とは違う、ペニス刺激に近いイメージの快感を感じることができます。
そして刺激を続けるとアナル内刺激だけで射精してしまいます。

「膀胱」はご存知の通り尿を溜める場所ですが、ここも刺激を与えることで気持ち良くなることができます。
実は前立腺、膀胱、精嚢は近い位置にあります。
アナニーに慣れていない時はそれぞれの気持ち良さがどの部位の気持ち良さなのか分からないかもしれません。
でも慣れてくるとそれぞれの部位の快感を感じることができますし、各部位の快感がミックスされたオーガズムを楽しめることができるのです。
ペニスだけでは味わえない、快感が幾重にも重なるような素晴らしいオーガズムを体験できます。


次回はアナニーのやり方を見ていきましょう!
諸説ありますが是非参考になればと思います!
レッツ快適オナニーライフ(^o^)

それではまた!


参考サイト:アネドラ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。