HIV検査行ってる?

天気悪っ!こんにちは、ベホ蔵です。
日に日に増えてきた読者数、あざーっす!
今日は検査の割合を紐解いていきましょう!

HIV検査行ってる??

エイズを発症するまで感染がわからなくてつらい状況を背負ってしまうケースがあります。
感染しても早めに知ることで今までとさほど変わりない生活を送る人がたくさんいらっしゃることも事実☆

HIV検査はどこで受けると良いのか

保健所ではゲイフレンドリーな検査を行っていたり、検査の前や後カウンセリングを行っている場所も多いので利用しよう。また希望すれば多くの医療機関で検査を受けられるが、HIV検査の経験がある医療機関を選ぶといいだろう。

ゲイであることを知られることを恐れて、あるいは手軽さのメリットから通信販売などで売られている「HIV検査キット」を使用する人もいる。この場合、HIV陽性だったときに結果が通知されるだけで、その後にどう対処していいのか情報を得られず、またカウンセリングを受けることもできないことに注意しよう。

ここでは保健所やHIVの検査を通常に行なっている病院での受検をおすすめする。多くの検査機関では「個人を批判しない」「匿名性」が基本だ。

HIV検査の種類

薬でHIV感染を防げる
検査には主に、「通常検査」と「即日検査」の2種類があり、それぞれ特徴があるので、各項目を確認してほしい。

通常検査では陽性の結果が出た場合、結果を伝えるまでの間に確認検査(二次検査)も行われるので、感染の有無について確実な結果を得られる。

即日検査で使う試薬は感度が非常に高いため、感染していないのに反応してしまう偽陽性(にせの陽性)が100人に1人くらいの割合で出ることがある。陰性の場合はその場で確定するが、陽性の場合はさらに確認検査が必要となり、結果の確定に1~2週間要する。

HIV検査で陽性と診断されたら。

HIV陽性であることを告知され知った直後は、不安を感じたり、驚いてパニックになったり、あるいは冷静に事実を受け止めようしたりと、さまざまな気持ちや状況になることがあります。
そんなとき、まずは以下の6つのことを知ってください。
そして、もう少し詳しく知りたくなったら、相談窓口に連絡をとってみたりするといいでしょう。


HIV
1. HIVの治療方法は進歩しています。
今では慢性疾患(急激に症状が変化することはまれな、病気の経過の長い疾患のこと)に近い病気になっており、HIVに感染すること=死ではないので、慌てる必要はありません。

2. 今まで通りの生活を続けることができます。
HIV陽性とわかったからといって、大きく生活を変える必要はありません。仕事や人間関係などを急いで変える必要はありません。落ち着いてゆっくりと考えましょう。

3. 専門の医療機関に行きましょう。
免疫やその他の健康状態を専門病院で調べ、今後の治療について専門家に相談しましょう。誰でもすぐに治療を始めるわけではありませんが、自分の状態を早い時期に知っておくことは、今後の治療や生活を考える上でとても大切です。

4. 相談窓口を知りましょう。
あなたが直面しているさまざまな問題を、ひとりで抱えたり、すべてひとりで解決しようとする必要はありません。利用可能な相談機関がありますので、相談員と話しながら一つひとつ順番に解決していくと良いでしょう。匿名での利用も可能です。

5. 他の陽性者がどうしているのかを知ってみましょう。
同じ立場の人同士が実際に合って交流や情報交換をしたり、インターネット上で他のHIV陽性者の経験を読んだりすることも可能です。

6. 医療費を軽減できる制度があります。
さまざまな制度を利用することで、HIVの医療費の自己負担を小さくすることができます。個々の年収や利用する制度などによっても異なりますので、NGOや病院のスタッフ(医療ソーシャルワーカーなど)に相談してみましょう。


参考サイト HIVマップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。