LGBT考察:その3

春かッ!ってな具合の気温でしたね。
今日は暖かかった。。
こんにちは、ベホイミです。
本日もみんなde知ろう、LGBT!
昨日は海外におけるLGBTの現状について見ていきましょう。

海外におけるLGBTへの制度

各国のLGBTへの対応

LGBTに対する世界的な動きについて、順を追ってご紹介します。
1970年代 ゲイパレード「プライド」の開催。法的権利獲得や差別撤廃などを求めました。

↓ 2009年 世界最大級のゲイパレード、「サンパウロ・ゲイ・プライドパレード」の参加者が推計320万人を突破しました。

↓ 2010年 アイスランドの議会は、同性婚を認める法案を全会一致で可決。首相自身がレズビアンであることを公言しました。

↓ 2011年 国連人権理事会が、性的指向や性自認に基づく暴力行為や差別に重大な懸念を示す決議を採択しました。

↓ 2014年 インドで「第三の性」(トランスジェンダー)を法的に認める最高裁の判決が出されました。

↓ 2015年 アメリカ全州で同性婚が合憲となり、異性カップル同様に法的な保証が認められるようになりました。また、ベトナムでは同性婚を禁止する法律が廃止となり、事実上の同性婚が可能に。

このように、少しずつLGBTを保護する法律が制定されてきています。
例えば、オランダ、ベルギー、スペイン、カナダ、南アフリカ共和国を含む24カ国では、国全土で同性婚を合法化。
異性婚と同等、それに近い権利、または部分的な権利を与えるということが認められました。 また、オーストリア、台湾も遅くとも2019年までには同性婚が認められることになっています。 その他、イスラエルをはじめフィンランド、オーストリア、ドイツ、スイスなど20カ所以上が登録パートナーシップを持っています。
しかし一方では、LGBTに対し圧力を強める国もあります。
ロシアでは、2013年6月に同性愛宣伝禁止法が成立し、未成年者に「非伝統的な性的関係」(同性愛)について情報提供することが禁止されました。
このことが理由で、アメリカ・フランスなどの首相がソチオリンピックの開会式をボイコットしたことも記憶に新しいものです。
また、ナイジェリアでは2014年に同性婚禁止法の成立、ウガンダでは2014年に反同性愛法が成立し、同性愛者への罰則を強化しました。
特に、アフリカ地域における圧力は顕著で、54か国中38か国で同性愛行為が禁止されています。

国によっては尊重する国もあったり厳格に禁止する国もまだまだあるみたいですね😣

次回は企業間のLGBTへの支援制度についてみていこうと思います。
それではまたッ!

参考サイト
Job Rainbow
WeddingPark
YOUTUBE

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。